70年代研究所

70年代~80年代!あの時代にタイムスリップ!

昭和の「ローラースルーGOGO」は、令和にこう進化した!

70年代の少年少女のみなさま、

ローラースルーGOGOを覚えていますか?

キックボードの先駆けとも言われる、1974年に日本で発売された乗用玩具です。本田技研工業が「子供向けにスケートボードを乗りやすくしよう」という発想で開発しました。

ホンダ(販売はアクト・エル)はこれを「GOGO」にかけて5500円で発売。1974年当時の大卒の初任給が8万2629円ですから、5500円のローラースルーGOGOを今の価格にすると、14000円~15000円くらいですかね。子供のオモチャにしては高めです。しかし、ローラースルーGOGOは当時の子供たちに人気爆発! 最盛期には月に10万台、累計100万台以上売れた大ヒット商品になりました。

 

f:id:generation70:20210606172202j:plain

およそこんなかんじのフォルムでしたね。

 

ちびまる子ちゃんにも、『まる子、ローラースルーゴーゴーがどうしてもほしいっ!!』の巻。がありますね。「たまちゃん、ばからしいのはわかってるけど、はまじに百円払うよ。今のあたしは花輪くんのスーパーカーよりだんぜんローラースルーゴーゴーに乗りたいんだ。ごめん、行くよっ!」と、当時小学校3年生のちびまる子さんは熱く語っております。

ローラースルーGOGOで楽しそうに遊ぶ子供たち。それを見ていた親や大人たちも乗りたくなり、1976年には大型化し、車輪も強化したGOGO7も発売されます。こちらのお値段は7,700円。当時は“健康ブーム”でしたし、大人も喜びました。

しかし、そんな順風満帆なローラースルーGOGOですが、突然終わりがやってきます。「交通戦争」という言葉が流行ったあの頃、ローラースルーGOGOでの事故もやり玉にあげられ、「危ない乗り物」という風評被害によって、1976年、ブームは急激に終息します。今思えば自転車はいいのに、ローラースルーGOGOだけ危ないっていうのも変ですよね。「出る杭は打たれる」ということなのでしょうか。


ローラースルーGOGOが消えてから、キックボードなど似たような商品は出てきました。でも、あれほどの大ブームにはなりませんでした。

 

しかし!

 

電動キックボードの時代がやってきましたよ奥さん!

 

「ローラースルーGOGO」→「キックボード」→「電動キックボード」と進化したのです! 時代はついに電動です! つまりキックしなくてもOK。坂道もスイ~っと電動で登っていく。まさに近未来の夢の乗り物です! 言い過ぎか? いや、言い過ぎではありません。お年寄りでも自転車に乗れる人なら簡単に乗れるし、すごく便利なのです!

◎電動だから楽チン。坂道もスイスイ。
◎スピードがあまり出ないタイプもあって安全。。
◎原チャリや自転車みたいにかさばらないから、すぐ降りて押せる
◎ヘルメットは任意だから、かぶらなくてもいい。


電動キックボードは、現在規制緩和に向けて動き出しています。

2021年6月現在では、「自動二輪」「普通」などの免許が必要ですが、近々、時速15キロ以下の電動キックボードは、運転免許不要となるようです。

現在は、免許必要。歩道走行、車道逆走、二段階右折はNGです。

でも、すぐ降りて押せるから、そんなに気になりませんよ。ちょっとそこまでの“足”は、原チャリより自転車より、電動キックボードが気軽で便利です。乗ってて楽しいですしね!

 

 

「電動キックボード」は見た目もシンプルでカッコイイ! 一家に一台!

 

 

f:id:generation70:20210606171047j:plain

「SUNPIE」電動キックボード キックスクーター 黒 白 折り畳み式 大容量LG製バッテリー 最大時速24キロ 軽量 3段変速ギア 耐荷重120kg LEDライト搭載 液晶モニタ 電子ブレーキ アルミニウム製 男性 女性 子供 誕生日 プレゼント ギフト包装選択可能 6ヵ月全体保証 修理代無料【PSE規格品】【PL保険】 (ブラック)

 

と、この記事をストック手帳に書いていたら、こないだ「電動キックボードでひき逃げ事件」のニュースが! こういうバカがいると、またローラースルーGOGOみたいに叩かれて、便利な乗り物が消えてしまうんですよねぇ。みなさま、なにとぞ安全運転でお願いいたします!!!