70年代研究所

70年代~80年代!あの時代にタイムスリップ!

追悼・小林亜星!CMソングの横綱!

CMソング、アニメソングの横綱、小林亜星さんが88歳で亡くなられたニュースが飛び込んでまいりました。

 

小林亜星さんは、1932年8月11日生まれ。慶應義塾大学医学部に入学した秀才ですが、音楽にのめりこみ、経済学部に転部して卒業。その後作曲家として花開き、実に6000曲以上もの作品を残しました。CMソングやアニメソング、歌謡曲、テレビ番組のテーマ曲まで多岐にわたり大活躍されました。

 

<コマーシャルソング>

レナウン「ワンサカ娘」弘田三枝子 を皮切りに・・・

レナウン「イエ・イエ」朱里エイコ
ブリヂストン「どこまでも行こう」山崎唯ほか
日立グループ「日立の樹」(この木なんの木)
日立製作所「日立キドカラーの歌」ザ・ピーナッツ
明治製菓「チェルシーの唄」シモンズほか
日本生命保険「モクセイの花」(ニッセイのおばちゃん)デューク・エイセス
ライオン油脂「ふりむかないで」(エメロン)ハニー・ナイツ
ライオン油脂「ブルーダイヤ・金銀パールプレゼント」シンガーズ・スリー、小林亜星
サントリー「人間みな兄弟〜夜がくる」(サントリーオールド)
サントリー「陽はまた昇る」(サントリーローヤル)
大関酒造「酒は大関こころいき」加藤登紀子
松下電器産業「ウッディランド」(National カラーテレビ「Woody クイントリックス」)
新興産業「パッとさいでりあ」富田伊知郎、小林亜星
クラシアン「クラシアン・プライスソング」森末慎二、宮内美枝、小野貴子、井出真里積水ハウス「積水ハウスの歌」(家に帰れば積水ハウス)
ファミリーマート「ファミリーマートのテーマ」(あなたと、コンビに。ファミリーマート)

などなど、とても書ききれない数のCM曲を作っておられます。テレビから流れる小林亜星さんの曲を聞きながら、みんな大きくなったんですね。つい口ずさんでしまう、そんな曲ばかりです。

 


小林亜星CMソング・アンソロジー

 

 

 

小林亜星さんといえば、その巨体をいかしてタレントや俳優としても活躍されました。クイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』が印象深いですね。

俳優デビューはテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年)。頑固親父「寺内貫太郎」を演じ、ちゃぶ台をひっくり返して大暴れ。西城秀樹との大喧嘩のシーンも人気でしたが、ヒデキが骨折してしまうほど、その迫力はすごかったです。

その後もちょくちょく俳優も続け、実写版『サザエさん』(1981年版)では波平を演じたのは、このブログで先日お伝えしたばかり。巨匠・黒澤明監督の映画『まあだだよ』(1993年)にも出演されています。

 


寺内貫太郎一家 期間限定スペシャルプライス DVD-BOX1

天才脚本家・向田邦子さんの代表作!

 

 


まあだだよ デジタル・リマスター版 [DVD]

 亜星さんは、主人公の学友である和尚を演じました。

 

 

 

しかし、小林亜星さんの本職、真骨頂なのが、こちらです。


<アニメ・特撮ソング>
『まんが日本昔ばなし』 エンディング「にんげんっていいな」
『魔法使いサリー』 オープニング「魔法使いサリーのうた」
『ひみつのアッコちゃん』 「ひみつのアッコちゃん」「すきすきソング」水森亜土
『∀ガンダム』 オープニング「ターンAターン」西城秀樹
『怪物くん』「ユカイツーカイ怪物くん」
『科学忍者隊ガッチャマン』子門真人
『ドロロンえん魔くん』中山千夏
『とんがり帽子のメモル』 エンディング「優しい友達」
『狼少年ケン』、『快傑ライオン丸』などなど、こちらもとても書ききれません。

 


小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ アニメ・特撮主題歌編

 

 

 

 
歌謡曲でも、

都はるみが歌った名曲「北の宿から」

で第18回日本レコード大賞』(1976年)大賞を受賞。

また「ピンポンパン体操」は200万枚を超す大ヒットとなりました。

童謡「あわてんぼうのサンタクロース」など、様々なタイプの作曲をした、音楽の巨人でありました。小林亜星さん、お疲れ様でした。ありがとうございました! たくさんの名曲は、これからもみんなで口ずさんでいきます。

 


小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ 歌謡曲編