70年代研究所

70年代~80年代!あの時代にタイムスリップ!

【恐怖】初代・仮面ライダーに怯えた日々【ホラー】

1971年、当時小学1年生だった僕は、夜7時半からのアニメ『いじわるばあさん』が好きだった。「長谷川町子は、サザエさんよりブラックなこっちが面白いのじゃ」などと、子供のくせにオッサンのような気分で見てました。で、その日も『いじわるばあさん』を見ようとチャンネルを回してたら、いきなり

『仮面ライダー』という特撮ドラマが始まったのであります。

 

仮面ライダー・本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは、世界征服を企む悪の秘密結社である。仮面ライダーは、人間の自由のためにショッカーと戦うのだ!

 

と、ナレーションが入り、第1回「怪奇蜘蛛男」の巻が始まりました。怪奇ドラマ然としたおどろおどろしいストーリー。主人公もバッタを黒くしたみたいなかんじで、とてもヒーローには見えない。「なんだこれは? 暗いし重いし、ヒーローも色も含めて地味だし。なによりお話が恐い!」と震えました。

 


RMW 仮面ライダー旧1号 1/2マスク

 

 小1だから、世界征服を企てる悪の秘密結社・ショッカーがとにかく恐怖だったのです。主人公の本郷猛がショッカーに捕まって、改造人間にさせられるのも、そんなことやめてほしかったです(笑)。

 

グロテスクな怪人も恐怖でしたし、アジトっていうのがなにより恐ろしかったですね。悪い奴らがどっかに集まって悪の計画を立てているというのが不気味でした。20年以上経ってから地下鉄サリン事件が起きましたけど、「ショッカーは本当にいた・・・」と、『仮面ライダー』を初めて見た時の恐怖が蘇ってきたものです。

 

それほど、小さい子にとっては、第1作目の『仮面ライダー』は恐かったんですよ。ただ、怖いもの見たさで、手で目をふさいでチラチラ見ながら次回も鑑賞(笑)。「恐怖蝙蝠男」、「怪人さそり男」、「人喰いサラセニアン」、「死神カメレオン」、「怪異!蜂女」とか、お化け屋敷でヒーローが戦っているようなもんですよコレ! 死神博士=天本英世なんか、夢に出てくるほど恐ろしかったです。

 

本郷猛=藤岡弘も、特撮ドラマとは思えないシリアスな演技で、物語に重厚さが増すんですよ。でもまぁ、見続けているうちにだんだん恐さに慣れきて、仮面ライダーのかっこよさにやっとハマりだします。しかし主役の藤岡弘が、撮影中のバイク事故で何か月も出演できなくなるアクシデントが発生! 仮面ライダーは本当の意味で最大のピンチを迎えます!


RAH リアルアクションヒーローズ No.782 仮面ライダー旧1号 & サイクロン号 究極版セット 全高約300mm 塗装済み アクションフィギュア

 

 そんな窮地を救ったのが、一文字隼人(仮面ライダー2号)であります! 佐々木剛演じる2号は、藤岡弘1号よりも丸顔で、子供には親しみやすかったです。とは言え本郷猛の方が好きでしたけどね。そう言えば、第1作には、島田陽子とか山本リンダ、中田喜子とかも出演してましたね。


新品 ソフビ魂 VOLUME23 仮面ライダー旧2号 バンダイ 2006年 フィギュア 仮面ライダー

 

本郷猛=藤岡弘1号が怪我から復帰する頃には、もうすっかり仮面ライダーブームが巻き起こっていました。最初の頃みたいな怪奇なムードも薄くなって、すっかりヒーローものとなり、ちびっ子にも人気が出たんですね。

 

小学校に行けば、みんな変身ポーズをしてました。その前に流行ってた「シェー」のポーズよりもかっこよかったですからね(笑)。あとライダーキックごっこで遊んでるうちにほんとにケンカになったり(笑)。

仮面ライダーグッズも流行りましたねー。「ドレミサイクロン」(ブリヂストン自転車)を持ってる奴は、まさにヒーローだったし、「仮面ライダー変身ベルト」を持ってる奴と一緒に遊ぶと、必然的にショッカーになってしまうという悲しい思い出もあります。

 


希少 東映ヒーローネット限定 11 仮面ライダー旧1号変身ベルト TYPE I レインボー造形企画 プロップ レプリカ アトラク 本郷猛
 (さ、さんじゅう万円! 大出世された当時のちびっ子の人、いかがですか?)

 

あと、なんといっても流行ったのが「仮面ライダースナック」(カルビー製菓)! というかその付録の「仮面ライダーカード」目当てなんですけどね。カードだけ取ってスナックを捨てる子供が続出して、社会問題にもなりました。でも僕はこのちょっと甘めのスナックの味が好きで、ちゃんと食べてました。なんなら捨てるのをもらってまで食べてましたね(笑)。

 

そんなわけで、何が言いたいのかというと、仮面ライダーの1作目はホラーだった! という事実であります。70年代の特撮ものは、『仮面ライダー』のように恐い物語とか、『愛の戦士レインボーマン』死ね死ね団とか、悪役が主役で正義のヒーローが脇役の『宇宙猿人ゴリ』とか、いろいろありました。制作側も試行錯誤していて、やり過ぎたりしながら調整していったんですね。

 

そんな

仮面ライダー』も今年(2021年)で50周年! 

すごいなぁ! 新作が作られ続けて、時代を超えてずっと続いているんだもんなぁ。こんなの考えられるなんて、石森章太郎(石ノ森章太郎)先生って、やっぱり超越したクリエーターだったんですね。

 


【メーカー特典あり】仮面ライダー THE MOVIE 1972-1988 4KリマスターBOX(4K ULTRA HD Blu-ray & Blu-ray Disc 4枚組)【Amazon.co.jp特典: めんこ風カード8種セット&カードデッキケース +東映チャンネル仮面ライダー生誕50周年記念特集放送ポスター(B2サイズ)】
  こ、これは心がそそられます!

 

 


Amazonプライム・ビデオ

f:id:generation70:20210616145900j:plain

特典はいらないから、もっと軽く観たい人は、Amazonプライム・ビデオでも、初期の「仮面ライダー」から歴代のライダーたちの活躍がた~くさん観られます!

 

 


Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

Amazonプライム・ビデオ を観るなら、こちらのスティックが便利です。50年ぶりの「仮面ライダー」を、じっくりご堪能ください。あの頃の恐怖が蘇りますよ!

 

神曲!「タイムマシンにおねがい」は日本ミュージックシーンの至宝である!

サディスティック・ミカ・バンドが1974年10月5日にリリースした3枚目のシングル。

「タイムマシンにおねがい」

作詞:松山猛      作曲:加藤和彦

 

数々のカヴァーもされている名曲ですので、若い人たちでも聴いたことがあるでしょう。こんなにキャッチーでゴキゲンで、ポップな曲があるでしょうか。楽曲の秀逸さに負けないチャームなボーカル&演奏の素晴らしさで、奇跡の神曲となりました。

70年代研究所が選ぶ「70年代最も偉大な日本のロック神曲」第1位

の称号を捧げます! ローリングスーン誌が選ばないと、まったく意味はないですが、それでも差し上げてしまうのであります!

 


サディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mika Band)は、1972年デビュー。

メンバーは、加藤和彦(ギター・ボーカル)を中心に、入れ替えはありますが、こんなかんじです。

加藤ミカ(ボーカル)
高中正義(ギター)
小原礼(ベース)
高橋幸宏(ドラムス)

つのだ☆ひろ(ドラムス)
今井裕(キーボード・サックス)
後藤次利(ベース)

 

ザ・フォーク・クルセダーズで一世を風靡するなど、当時の音楽シーンをリードしていた加藤和彦(トノヴァン)。そんなトノヴァンの大ファンだったミカが、強烈なアプローチの末、結婚。一緒にバンドをやろうということになります。

あるインタビューでミカは、バンド結成時のエピソードを、およそ次のように語っています。

「家でお魚を料理していたら、電話が鳴ったのね。それで包丁をまな板に突き刺して電話にでたの。それを見たトノヴァンが“これは非常に残酷な景色だ”と言って、サディスティック・ミカ・バンドというバンド名になったの。正面切ってシリアスなバンドをはじめたら、失敗したら恥ずかしいでしょう。じゃあミカの名前を使っちゃえばジョークバンドで終わっちゃう。そういう理由もあった。もちろんプラスティック・オノ・バンドのパロディというのもあった」

 

プラスティック・オノ・バンドとは、ビートルズ解散直前の1969年にジョン・レノンとオノ・ヨーコを中心に結成されたバンドです。

 


スイート・トロント~プラスティック・オノ・バンド・フューチャリング・エリック・クラプトン [DVD]

 

しかもなんと!

このプラスティック・オノ・バンドと、サディスティック・ミカ・バンドは、その後ライブで共演しております!

それは1974年8月10日。当時日本最大のロックフェスティバルと呼ばれた「ワンステップフェスティバル」。福島県郡山市の開成山公園で行われました。

ヨーコ・オノ&プラスチック・オノ・スーパー・バンドとして、内田裕也、沢田研二、井上堯之バンド、上田正樹、キャロル、トランザム、外道、四人囃子、センチメンタル・シティ・ロマンス、シュガー・ベイブ、サンハウス、かまやつひろし、クリエイション、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、つのだひろ、はちみつぱい、めんたんぴん、りりぃ、あんぜんバンド、イエロー、ウエスト・ロード・ブルース・バンド、らとともに、サディスティック・ミカ・バンドも出演したのであります。

しかしこれ、ジョン・レノンは不参加もしジョンも出演していたら伝説でしたね。

 

 


そんなわけで、話は戻ります。加藤夫婦により、ゆる~く結成されたサディスティック・ミカ・バンドは、凄腕のミュージシャンを集めて音楽活動を開始。1973年、ファーストアルバム『サディスティック・ミカ・バンド』を発表します。

 


SADISTIC MIKA BAND

 

この頃についてミカはこんな風に語っていました。

「ファーストアルバムは、(高橋)幸宏とか、高中(正義)とか、みんなで寄ってたかってアイディアを出し合って作っていった。でも、私は自分の好きな曲じゃない時はスタジオに行かなかったりしてた」

発売されたアルバムは、ビートルズやピンク・フロイドを手掛けたイギリスの音楽プロデューサー、クリス・トーマスの目に留まり、彼がセカンドアルバムのプロデュースを手掛けることが決定。

ミカ曰く「日本の音楽の歴史の中で、初めての大物外国人プロデュースでしょう。レコード会社も急に真剣になって、メンバーも勤王の志士みたいに、僕らが頑張らなければ! 日本の音楽シーンを変えるんだ! みたいになった」

クリス・トーマスプロデュースによるセカンドアルバムは1974年11月5日についに発売。

 

『黒船』サディスティック・ミカ・バンド


黒船


日本のミュージックシーンの新しい夜明けぜよ! この歴史的名盤『黒船』に収録されているのが、「タイムマシンにおねがい」なのであります! 

『黒船』はイギリスやアメリカでも発売。1975年には全英ツアーも敢行します! 当時の日本のバンドとしては前代未聞、奇跡的な偉業です! ライブでも、その演奏力の高さと、ミカのパフォーマーとしてのアートな世界(ステージ上で編み物をしたり、ポラロイドカメラで観客を撮ったり)で、イギリスでも絶賛されました。


日本でも逆輸入のかたちで話題沸騰! まさに「さぁこれからぜよ!」と、飛ぶ鳥を落とす勢いのサディスティック・ミカ・バンドですが、その年(1975年)11月に突然の解散! このまま続けていたら日本のミュージックシーンは違う景色になっていたはずなのに、残念でなりません。

解散の原因は、加藤和彦・ミカ夫妻の離婚です。イギリスツアー中に、ミカとクリス・トーマスが恋愛関係になっちゃたんですね。これもスゲエ話です。自由だなぁ。その後、クリスとは結婚しないまま数年で別れたミカ。そのままロンドンに在住して、福井ミカとして料理研究家になっています。もう包丁をまな板に突き刺したりはしてなさそうですね(笑)。

 

 『サディスティック・ミカ・バンド ライヴ・イン・ロンドン』


サディスティック・ミカ・バンド ライヴ・イン・ロンドン

 世界進出のパイオニア、サディスティック・ミカ・バンドが1976年に発表したライヴ・アルバム。ロンドン・ウェンブリーでの歴史的名ライヴを収録。 

 

 


さて、解散してしまったサディスティック・ミカ・バンドですが、これまでに3度、ミカに代わるゲストボーカリストを迎えて再結成されています。

 

松任谷由実
Sadistic Yuming Band。1985年。、国立競技場で開催された国際青年年の記念音楽イベント「All Together Now」の為、一夜限りの結成。バンドメンバーには坂本龍一も参加。


Yumi Arai The Concert with old friends [DVD]

こちら85年ではなく、1996年、ユーミンとミカとの夢の競演! ミカのことを「ずっとあなたに憧れていた」と語り、「タイムマシンにおねがい」をデュエット。

 

 

桐島かれん
Sadistic Mica Band(Mikaのスペル変更)として1989年、きちんとした再結成。アルバム『天晴』も発表しました。シングル「Boys & Girls」はオリコン13位のスマッシュヒット。


天晴

 

 

木村カエラ
Sadistic Mica Band Revisitedとして2006年に再々結成。アルバム『NARKISSOS』を発表。その時の英語表記はSadistic Mikaela Band。


NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

フロントメンバーの加藤和彦さんが2009年に逝去された為、もう再結成されないのが残念でなりません。でも、作品は永遠です。近年も、高橋幸宏小原礼のミカバンドメンバーをバックに「のん」がカヴァー。話題になりましたね。

 


タイムマシンにおねがい/I LIKE YOU (7インチ・アナログ) [Analog]

 

半世紀近く経っても色あせない神曲!「タイムマシンにおねがい」はこれからも未来のアーティストたちに歌い継がれていくことでしょう。

 

追悼・小林亜星!CMソングの横綱!

CMソング、アニメソングの横綱、小林亜星さんが88歳で亡くなられたニュースが飛び込んでまいりました。

 

小林亜星さんは、1932年8月11日生まれ。慶應義塾大学医学部に入学した秀才ですが、音楽にのめりこみ、経済学部に転部して卒業。その後作曲家として花開き、実に6000曲以上もの作品を残しました。CMソングやアニメソング、歌謡曲、テレビ番組のテーマ曲まで多岐にわたり大活躍されました。

 

<コマーシャルソング>

レナウン「ワンサカ娘」弘田三枝子 を皮切りに・・・

レナウン「イエ・イエ」朱里エイコ
ブリヂストン「どこまでも行こう」山崎唯ほか
日立グループ「日立の樹」(この木なんの木)
日立製作所「日立キドカラーの歌」ザ・ピーナッツ
明治製菓「チェルシーの唄」シモンズほか
日本生命保険「モクセイの花」(ニッセイのおばちゃん)デューク・エイセス
ライオン油脂「ふりむかないで」(エメロン)ハニー・ナイツ
ライオン油脂「ブルーダイヤ・金銀パールプレゼント」シンガーズ・スリー、小林亜星
サントリー「人間みな兄弟〜夜がくる」(サントリーオールド)
サントリー「陽はまた昇る」(サントリーローヤル)
大関酒造「酒は大関こころいき」加藤登紀子
松下電器産業「ウッディランド」(National カラーテレビ「Woody クイントリックス」)
新興産業「パッとさいでりあ」富田伊知郎、小林亜星
クラシアン「クラシアン・プライスソング」森末慎二、宮内美枝、小野貴子、井出真里積水ハウス「積水ハウスの歌」(家に帰れば積水ハウス)
ファミリーマート「ファミリーマートのテーマ」(あなたと、コンビに。ファミリーマート)

などなど、とても書ききれない数のCM曲を作っておられます。テレビから流れる小林亜星さんの曲を聞きながら、みんな大きくなったんですね。つい口ずさんでしまう、そんな曲ばかりです。

 


小林亜星CMソング・アンソロジー

 

 

 

小林亜星さんといえば、その巨体をいかしてタレントや俳優としても活躍されました。クイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』が印象深いですね。

俳優デビューはテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年)。頑固親父「寺内貫太郎」を演じ、ちゃぶ台をひっくり返して大暴れ。西城秀樹との大喧嘩のシーンも人気でしたが、ヒデキが骨折してしまうほど、その迫力はすごかったです。

その後もちょくちょく俳優も続け、実写版『サザエさん』(1981年版)では波平を演じたのは、このブログで先日お伝えしたばかり。巨匠・黒澤明監督の映画『まあだだよ』(1993年)にも出演されています。

 


寺内貫太郎一家 期間限定スペシャルプライス DVD-BOX1

天才脚本家・向田邦子さんの代表作!

 

 


まあだだよ デジタル・リマスター版 [DVD]

 亜星さんは、主人公の学友である和尚を演じました。

 

 

 

しかし、小林亜星さんの本職、真骨頂なのが、こちらです。


<アニメ・特撮ソング>
『まんが日本昔ばなし』 エンディング「にんげんっていいな」
『魔法使いサリー』 オープニング「魔法使いサリーのうた」
『ひみつのアッコちゃん』 「ひみつのアッコちゃん」「すきすきソング」水森亜土
『∀ガンダム』 オープニング「ターンAターン」西城秀樹
『怪物くん』「ユカイツーカイ怪物くん」
『科学忍者隊ガッチャマン』子門真人
『ドロロンえん魔くん』中山千夏
『とんがり帽子のメモル』 エンディング「優しい友達」
『狼少年ケン』、『快傑ライオン丸』などなど、こちらもとても書ききれません。

 


小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ アニメ・特撮主題歌編

 

 

 

 
歌謡曲でも、

都はるみが歌った名曲「北の宿から」

で第18回日本レコード大賞』(1976年)大賞を受賞。

また「ピンポンパン体操」は200万枚を超す大ヒットとなりました。

童謡「あわてんぼうのサンタクロース」など、様々なタイプの作曲をした、音楽の巨人でありました。小林亜星さん、お疲れ様でした。ありがとうございました! たくさんの名曲は、これからもみんなで口ずさんでいきます。

 


小んなうた 亞んなうた ~小林亜星 楽曲全集~ 歌謡曲編

「昭和のキャラクターコラボ酒」で乾杯の巻

6月20日の日曜日は父の日です。プレゼントはもう考えていますか?
考えてない? それでは70年代研究所が決めてあげましょう。

酒です!

父と言ったら酒です! 今回は特別に、お父さんが喜びそうな・・・

「昭和のキャラクターコラボ酒」

をご紹介いたします! プレゼントを開けてビックリ! 飲んでニッコリ! 最高の贈り物になること間違いなしですよ!

 

 

 

f:id:generation70:20210609212749j:plain

『めぞん一刻』と言ったら、高橋留美子先生の傑作です。
「一刻館」という名の古いアパートが舞台。若い未亡人の管理人さん=音無響子さんと、優柔不断な浪人生=五代くんの淡い恋愛をからめた極上コメディ。その響子さんとしっぽり飲めます! しかも大吟醸!

 

 

f:id:generation70:20210609212847j:plain

『デビルマン』と言ったらあなた! 永井豪先生の代表作(のひとつ)です! 1972年から漫画とテレビアニメで同時連載をした、今でも根強い人気のあるダークヒーローです! そのデビルマンに魔界への誘いを受けました! 特製ロックグラスでデーモン軍団と決戦ですよ!

 

 

 

f:id:generation70:20210609212912j:plain 

独占スクープ! あの『キューティーハニー』が、『デビルマン』とアベック酒です! キューティーハニーは、1973年に誕生した、永井豪とダイナミックプロによるメディアミックス企画! ダイナミックなプロポーションで、何度もアニメ化、実写映画化されている少女型アンドロイドであります! セクシーの代名詞、如月ハニー(の梅酒)美味しそうですね!! 楽しく飲んでるうちにほっぺの色が「変わるわよ」(笑)。

 

 

 

f:id:generation70:20210609213025j:plain

コラボ酒で種類が多いのが、この『北斗の拳』であります!  ケンシロウはもちろん、トキ、サウザー、ジュウザ、そしてこのラオウなどあります。やっぱりすごい人気なんですね~! この芋焼酎うまうまですけど、くれぐれも飲み過ぎて「あたたたた~!」とかならないでくださいね。「お前はもう死んでいる」とか「ひでぶ」とか「あべし」とか絶対ダメ!

 

 

 

f:id:generation70:20210609212929j:plain

宇宙恐竜ゼットンは、『ウルトラマン』を始めとするウルトラシリーズで大暴れする怪獣ですね。初代ウルトラマンを倒したことで、当時の少年たちの永遠の敵となりました。こんなやつ飲み干してやる! なにが「宇宙を旅して育まれたミステリアス焼酎! 」だ。アルコール度25度? たいして強くねーじゃねーか! などと言って飲み過ぎると「ピポポポポポポ」とやられますw

 

 

f:id:generation70:20210609213001j:plain

ゴジラは、1954年から第一線で活躍する日本が誇る巨大モンスターですね! 思えばハリウッド一発目の『GODZILLA』(1998)は恐竜というか、巨大トカゲみたいでガッガリでした。でもこの芋焼酎は、ちゃんとゴジラしています! 70年代のヘドラガイガン、メガロ、メカゴジラと戦っている雄姿や、2016年庵野秀明監督の名作『シン・ゴジラ』を見ながら、ゴジラ焼酎で一杯!

 

f:id:generation70:20210609212815j:plain

水木しげる先生の妖怪漫画の金字塔『ゲゲゲの鬼太郎』が、美味しい日本酒になりました! 1954年の紙芝居で誕生し、21世紀の現在も、あらゆる世代に愛されている鬼太郎! 目玉おやじビビビのねずみ男と一緒に登場です! 鬼太郎のアニメを見ながら、鬼太郎の酒が飲める時代がやってくるとは、子供の頃は思わなかったですね。 

 

 

f:id:generation70:20210609212945j:plain

『サザエさん』! 長谷川町子先生の国民的漫画&アニメであります! ちなみに実写版テレビドラマにもなってますね。

1955年~サザエ:高杉妙子 波平:昔々亭桃太郎 1965~サザエ:江利チエミ 波平:森川信 1981~サザエ:星野知子 波平:小林亜星  1992年~サザエ:浅野温子 波平:いかりや長介 2009年~サザエ:観月ありさ 波平:片岡鶴太郎  2019年~サザエ:天海祐希 波平:伊武雅刀  

映画でも何作も演じたし、やはり江利チエミがはまり役ですかね。そんなサザエさんの頑固親父、波平さんと一献!! 「え? 波平さん54歳なの? オレより年下じゃねーか、酒つげー! え? 1895年(明治28年)生まれなんですか? 失礼しましたー!」などと言いながら飲みましょう(笑)。

 

「昭和のキャラクターコラボ酒」 

父の日のプレゼントに! 自分へのご褒美に ! ふるさと納税に! お中元に! キャラクターのファンだから! 飾りたいから! 飲みたいから! 

などなど、どなた様もお求めになってはいかがでしょうか。カンパーイ!

 

 

 

【実話】本当にあった昭和の恐い話【体験】

 

昭和という時代はゆるかった。

 

病院だろうが飛行機だろうがタバコはどこでも吸えるわ、街を歩けばポルノ映画のポスターは貼ってあるわ、エロ本の自動販売機はあるわ、オッサンはそこら中でカーッぺッってタンを吐いてるし、車のシートベルトはしなくてもいいし、バイクだってノーヘルOK。学校へ行けばスカートめくりはするわ、体罰は受けるわ、個人情報に対する意識なんてないから、卒業アルバムには住所も電話番号も載っている。家に帰ってテレビをつければおっぱいポロリ。ゴミの選別もないから、どんなゴミでも一緒にポイ

 

法律や規制、マナーが強化されて暮らしやすい反面、「あれもダメこれもダメ」で面倒くさい令和時代と、ゆるゆるの昭和時代。どちらがいい時代かは知りませんが、昭和はそういう時代だったのであります。

 

これからお話するのは、70年代前半、筆者が実際に体験した、

昭和時代でなければあり得ない

恐ろしい実話です!

(霊とかの話ではありません。生と死のリアルな話ですのでご注意)

 

小学校低学年だった僕は、当時東京の自由が丘というところに住んでいました。今ではオシャレな街の代表みたいなイメージですが、70年代の自由が丘は、オシャレなお店は一部しかなく、そのへんの街と何も変わらないものでした。それこそ冒頭の昭和ゆるゆるエピソード通り。駄菓子屋や空地はもちろん、キャバレーやパチンコ屋、ポルノ映画館や風俗まであったのでした。

 

f:id:generation70:20210611131348j:plain

 

自由が丘といえば、東急東横線です。今ではまったくない話ですが、当時はこの東横線がたまに運休していました。労働組合が強く、ストがよく行われていたのです。たぶん年間2~3日は「ストで全休」だったのではないでしょうか。そうなると、昭和の人たちは何をすると思いますか?

 

・・・線路を歩くのです!

 

通勤や通学など、理由があって仕方なく歩く人や、「線路を歩けるなんて面白い!」と歩く人(me-too)もいて、線路内はすごい人数でした。ストになると「線路を歩けるー!」と喜んだものです。さすがに鉄道会社的には禁止行為だったはずですが、少なくとも黙認されていたと思います。あれだけ人が歩いているのに、鉄道会社や警察から「スト中、線路に入らないでください。線路から出てください」などと言われた記憶はないですから。

 

その恐ろしい事件が起きたのも、ストの日でした。

たぶん日曜日で、いつもよりたくさんの人が線路をぞろぞろ歩いていました。小学校低学年の僕も、友達と一緒にルンルン歩いていました。大人も子供も、線路を歩くという非日常を楽しんでいたのです。

 

僕らは自由が丘駅から横浜方面に歩きました。田園調布駅を過ぎて、多摩川駅(当時は多摩川園前駅)に到着。その先には多摩川が流れていて、

東京都と神奈川県をまたぐ、大きな電車用の陸橋があります。

小さかった僕は、ストで歩いてもこの辺までしか来たことはなかったのですが、一列に並んでズンズン進む行進に釣られて、そのまま陸橋へ進んでしまいました。子供なので、あんな大きな陸橋を渡るのは正直抵抗もありましたが、みんなが一緒だし、引き返したら友達に対してかっこ悪いし。

 

線路を歩いて、そのまま電車用の陸橋の上へ入ると、とたんに恐怖が襲って来て、僕は後悔しました。でも、もう後へは戻れません。線路を歩く行列は、まるで競歩のようにズンズン進んでいたのです。当たり前ですが、線路の陸橋は人が歩いて渡ることを想定して作られていません。左右に欄干などあるはずもなく、狭い線路を外れたら、そのまま橋から落ちてしまうのです。

 

後ろを歩いている友達が、ふざけて突っついてきたりして、「てめえやめろ!」とマジ切れしたり。とにかく

手を広げてバランスを取ながら必死で歩きました。

僕の前は自転車を押して歩いている大学生くらいのお兄さんでした。大きな陸橋の真ん中くらいまで来ると、風が強くなり、女の子の悲鳴があちこちで聞こえたり、風で体が持っていかれそうになったり、本当に恐かったです。やっぱり多摩川駅で引き返すべきでした。

 

f:id:generation70:20210611131543j:plain

 

あまりにも高い陸橋の上を歩いているので、線路の下を見ないようにしていました。そして綱渡りみたいに広げた手でバランスを取ながら進んで行きます。まわりの大人たちもみんなそうしていました。

 

線路を少しでも外れたらすべてが終わり。死が身近に、左右すぐそこにあるのです。

 

前を進むお兄さんは、邪魔な自転車を押しているので、手を広げてバランスを取ることもできず、ゆらゆらしてます。初めはふざけていた、後ろの同級生も半べそをかいています。

 

そんな、しなくてもいい恐怖体験をみんなでして、もうすぐ、「やっと橋を渡り切る!」という所まで来た時に・・・

 

事件は起こりました!

 

突然強風が吹いて、飛ばされそうになり、僕はしゃがみこみました。しかし目の前の自転車のお兄さんはバランスを崩して、

そのまま自転車ごと真っ逆さまに橋から落ちてしまったのです! 

多摩川に落ちたわけではなく、橋を渡り切る直前だったので、落ちたのは橋の下の道路。それでも相当な高さからですし、しかもその川沿いの道は、運悪くコンクリートでした。ああなんということ! 

 

もちろん大騒ぎになりました。陸橋を渡り切ったあと、僕も見に行ったのですが、頭から落ちたらしく、顔が血だらけで、まったく動きませんでした。たぶん亡くなられたのだと思います。

 

そんな悲運なお兄さんを見ながら、「自分だったかもしれない」「なんて危険なことをしていたんだ」と僕も含めみんなが思って、震え上がったのでした。

 

この体験は、自分にとってすごく大きくて、「危険なことは絶対やらない」「ノリにまかせてはいけない」「みんながいるから安心。はない」と言い聞かせています。臆病になってもいい。逃げてもいい。ということを学びました。

 

子供だったので、この事故のことを新聞などで読んだ記憶はなく、報道されたのかも知らないのですが、もしご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。「自転車のお兄さんは奇跡的に助かった」とか、そういうのだったら本当にうれしいです。「ストの時に私も歩きました」とかでも、もちろんいいですよ。

 

ちなみにストで線路を歩くという行為は、これ以降本格的に禁止になったのか、それから歩いた記憶はありません(もう歩く気にもなれませんが)。そして今でも東横線で多摩川の陸橋を渡るたびに、「昔、ここ歩いたんだよなぁ」と、その時の恐怖と、あの自転車のお兄さんを思い出すのです。

 

ゆるい昭和時代が招いた、ひとつの悲しいお話でした。

 

 

 

 

 

森田芳光監督のベスト①映画は・・・?

natalie.mu

映画監督・森田芳光の生誕70周年を記念し、監督26作品と特典映像を収録したブルーレイボックス『生誕70周年記念 森田芳光 全監督作品コンプリート(の・ようなもの)Blu-ray BOX』が、没後10年の命日、12月20日に発売されることが決定しました。

 

と、いう訳で、今回は森田芳光監督にスポットを当てます。


森田芳光監督の70年代は、『ライブイン・茅ヶ崎』(1978年)で、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)に入選するなど、自主映画界で注目されていました。この『ライブイン・茅ヶ崎』は、まだ20代の森田監督が、脚本・撮影・編集のすべてを担当。感想としましては、たいしたストーリーもないです(笑)。でも「78年」という時代は感じられますね。新宿や茅ヶ崎の当時の匂いが。そういう視点でドキュメンタリーっぽく見るべき映画なのであります。85分は長すぎるけども!

 

長編映画監督デビューは1981 年『の・ようなもの』。 若手落語家たち(落語家の・ようなもの)の青春群像を描いた作品です。


の・ようなもの [DVD]

 

 

そんな森田芳光監督の最高傑作と言われているのが・・・

 

『家族ゲーム』(1983年)
受験や家族をテーマに、シュールにコミカルにブラックに、そして演劇的に描いた異色の傑作ホームドラマです。主人公の頭の悪い次男に宮川一朗太。不気味な家庭教師に松田優作。父親の伊丹十三も、母親の由紀さおりも好演。勉強途中に優作が一朗太のほっぺにキスをして、「気持ち悪いです」と言われて、「俺だって気持ち悪いよ」と優作が答えるシーンに笑いました。あと「夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ夕暮れ・・・」(笑)。


家族ゲーム [DVD]

 

しかし! 70年代研究所的「森田芳光監督のベスト1」に選ばれた映画は・・・

 

『ときめきに死す』(1984年)
原作は丸山健二の同名小説。主演は沢田研二。ジュリーが寡黙なテロリストを演じます。そして、そんなジュリーの世話をする「歌舞伎町の医者」役は杉浦直樹。これがすごくいいです。淡々と進んでいくストーリーですが、テロ実行の日は刻一刻と迫ってきているわけで・・・。宗教や部落差別などの禁じられたエッセンスもさりげなく入っていて物語に深みを与えています。そしてラスト! ネタバレになるので言いませんが、ある意味衝撃すぎるラストシーンが待っています!(その為の伏線も秀逸!)


ときめきに死す [DVD]

 

 

森田芳光監督は、多作で、様々なジャンルの映画を撮る監督でした。いい意味変幻自在です。悪く言えば個人的に合わない映画も結構ありますね。簡単に他の作品を評すると、こんなかんじ・・・

『失楽園』(1997年) エロかった。
『黒い家』(1999年) 恐かった。
『模倣犯』(2002年) (主演の演技も含め)ひどかったw
『椿三十郎』(2007年) なぜやった?

簡単すぎるだろ(笑)。


森田芳光監督の作品、『家族ゲーム』『黒い家』 『39 刑法第三十九条』『海猫』『間宮兄弟』『武士の家計簿』 『僕達急行 A列車で行こう』などはU-NEXTでも観られますよ!

↓↓↓↓

70年代「矢沢永吉」初級講座

今日6月9日は「ロックの日」ということで、

日本の偉大なるロックシンガー・矢沢永吉を研究していきましょう。

 

矢沢永吉、1949年(昭和24年)9月14日生まれの71歳。
広島県広島市仁保出身。身長180cm。

 

高校を卒業し、全財産5万円を持って広島から上京(横浜だけど)した矢沢。1972年4月、楽器店の貼り紙でバンドメンバーを募集。集まってきたやつらとキャロル結成。

 

CAROL(キャロル)
矢沢永吉(ベース・ボーカル)
ジョニー大倉(ギター・ボーカル)
内海利勝(ギター・ボーカル)
ユウ岡崎(ドラムス)

 


ザ★ベスト

 

結成したキャロルは、横浜伊勢佐木町のディスコやゴーゴーホール、ナイトクラブ等でライブ活動開始。その年の10月、テレビ『リブ・ヤング!』に出演。これが内田裕也ミッキー・カーチスの目に留まる。先に声をかけてきた裕也に詫びを入れてミッキーをチョイス。ここ人生の分かれ道ですね! 裕也を選ばなくてよかったなぁ。内田裕也の子分みたいな矢沢は見たくないもんね。

 

1972年12月、シングル「ルイジアンナ」でデビュー。

 

・・・って、72年の永ちゃんスゲー! 貼り紙はってメンバー集めて、いいメンバー揃って、いろいろライブ出て、テレビも出たら大物ふたりからスカウトされて、レコードデビュー! これ全部1年間の出来事なんでしょう? あり得なくないですか? 漫画でも出来すぎな展開! どんだけ持ってるんだ永ちゃん!!!!!!


そしてキャロルは、リーゼントスタイルと、シンプルなロックンロール。英語と日本語がチャンポンされたキャッチーな歌詞、そして何と言っても永ちゃんのカリスマ性で、日本のロックシーンに衝撃を与えます。

 


ファンキー・モンキー・ベイビー

 

シングルでは、「ヘイ・タクシー」(73)、「ファンキー・モンキー・ベイビー」(73)、「涙のテディ・ボーイ」(74)、「ラストチャンス/Last Chanse」(74)などヒット曲を連発。

アルバムも『ルイジアンナ』(73)、『ファンキー・モンキー・ベイビー』(73)、『キャロル・ファースト』(74)、『ライブ・イン“リブ・ヤング”』(73)をリリース。社会現象と呼べる人気を誇りました。

 

そう言えば、デビューして人気が出てきたキャロルの楽屋に、ショーケンが遊びに来た話を永ちゃんがしてましたね。萩原健一といえば当時のトップスターなので、さすがの永ちゃんもすげえ緊張したとか。ショーケンに「お前らがキャロルかぁ。カッコイイじゃん」と言われ、「あんたもカッコイイよ」と永ちゃんは答えたんですよね。ええ話や。

 

しかし、そんなキャロルも、メンバー間の軋轢により、1975年4月13日、日比谷野外音楽堂のライブで解散。セットが燃える火事が起きたのもあり、伝説のラストライブとなって、今も語り継がれています。

 


燃えつきるキャロル・ラストライブ [DVD]

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1975年。キャロル解散後、矢沢永吉は初渡米。ロサンゼルスでレコーディング(海外レコーディングの先駆け)を決行。シングル「アイ・ラヴ・ユー、OK」、アルバム『I LOVE YOU, OK』でソロデビューします。

そして1978年には

シングル「時間よ止まれ」がミリオンヒット! 

スーパースターへの階段を駆け上がるのであります。

 


I LOVE YOU,OK

 

 

70年代のアルバムは

1st 1975年 『I LOVE YOU,OK』
1stシングルは同日発売の「アイ・ラヴ・ユー、OK」。
2nd 1976年 『A Day』   
「トラベリン・バス」など収録。この頃、西岡恭蔵が歌詞を書いているのも注目!
3rd 1977年 『ドアを開けろ』
「黒く塗りつぶせ」「チャイナタウン」など収録。
4th 1978年 『ゴールドラッシュ』
100万枚の売り上げを記録したシングル「時間よ止まれ」収録。バックバンドは、坂本龍一、高橋幸宏、後藤次利! 初のアルバムオリコンチャート1位も獲得。
5th 1979年 『Kiss Me Please』
70年代最後のアルバム。ベストセラー『成りあがり』の構成をした糸井重里も作詞に参加。

 


ゴールドラッシュ

 


その後の永ちゃんの活躍はご存知の通り。80年代は全米デビューをしてアメリカで勝負。90年代はテレビドラマ『アリよさらば』主演で俳優デビュー。

 

1997年ロンドンで行われた、エルヴィス・プレスリー没後20年を記念したロックフェスティバルでは、ロッド・スチュワート、ジョン・ボン・ジョヴィ、ロバート・パーマー、チャカ・カーン等と競演。世界60か国に放映される中、圧巻のステージを披露。

 

2019年9月、70歳でアルバム『いつか、その日が来る日まで...』を発表。オリコンアルバムランキングで「最年長1位獲得アーティスト」の記録になった。また、矢沢自身が歴代1位記録を持つ「アルバムTOP10入り作品数」を本作で54作に更新。

 


【Amazon.co.jp限定】いつか、その日が来る日まで…(初回限定盤A-BD版)(ミニタオルver.A付)

 

近年はロックフェスや紅白にも出たり、 本人も矢沢永吉を楽しんでいるかんじがいいですね。

 

2016年には、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST RESPECT ARTIST(音楽シーンに貢献し、多大な影響を与えているアーティストに授与される賞)」を受賞した、日本ロック界の最重要人物です。

 


ALL TIME BEST ALBUM

 


ALL TIME BEST ALBUM Ⅱ

 

という訳で、我が研究所からも、

70年代研究所が選ぶ「歴代最も偉大な日本のロックシンガー」(ソロ)第1位の称号を捧げます! 

ローリングスーン誌が選ばないと、まったく意味はないですが、それでも差し上げてしまうのであります! だって永ちゃん偉大だから。