70年代研究所

70年代~80年代!あの時代にタイムスリップ!

奇跡のソウルシンガー金子マリ!

前回、'70伝説、シャウトの女王・カルメン・マキについて書きましたが、そうなってくると、この人を取り上げないのはダメじゃん! と思いまして・・・

金子マリ

を今回は研究いたします!


金子マリ(1954年12月1日 - )東京都世田谷区下北沢出身。
“下北のジャニス・ジョプリン”なる異名をもつ、知る人ぞ知る名ボーカリスト。元夫はドラマーのジョニー吉長。息子は、RIZEのドラマー兼俳優の金子ノブアキとベーシストのKenKen。80年以上続く葬儀社『金子総本店』の代表取締役社長。もちろんシンガーとしても今もバリバリ! 50年近く現役を貫いています。

1970年 女子高生の時、日比谷野音の「10円コンサート」に出演。1972年 Char「スモーキー・メディスン」を結成(1974年解散)。

1974年 「金子マリ&バックスバニー」を結成。1976年レコード・デビュー、活動期間わずか3年だが、'70ジャパニーズ・ロック・シーンを代表するスーパーバンド。

バックスバニー解散後の80年代以降も、ソロアルバムやバンド、コーラスやゲストとしてRCサクセション、桑名正博、米米CLUBなどなど共演多数。

 

www.youtube.com

 

“下北のジャニス・ジョプリン”と呼ばれる金子マリさんですけど、そのジャニスとも違う独特の声と歌い方の偉大なるシンガーです。アン・ルイス、カルメン・マキと、ハーフのシンガーの声と声量について、日本人とは違うから凄いんだ的な事を書いてきましたが、この人の声は東洋人とか西洋人とかを飛び越えて唯一無二! あまりにも個性的で、圧倒的にソウルフル! なんだろうこの人は? 奇跡のボーカリストです!

ヒット曲があったり、シンガーとして金子マリより売れている人はいくらでもいるし、一般的にはそれが評価の全てみたいな風潮もありますけど、どうなんですかそれ⁉ そういう価値観とは別に、ステージでバンドと一体化して歌い続ける。そこだけに特化した本物のロックシンガーが金子マリ。商売っ気や、上昇志向などより、「ライブ楽しいじゃん!」だけで歌ってきた人です。まさにロックだぜ!

 


『金子マリ&バックスバニー』(1976) 金子マリ&バックスバニー


MARI & BUX BUNNY(HQCD仕様)

 70年代ジャパニーズ・ロック・シーンを語る上では欠かせない、金子マリ&バックスバニーのデビュー作! 金子マリの圧倒的なヴォーカルを中心に抜群のテクニックに裏打ちされたファンキー・サウンドが蘇る。


『ライブ We Got To...』(1977年)金子マリ&バックスバニー


ライブ We Got To... (HQCD仕様)

 金子マリ&バックスバニーのLIVE盤! ソウルフルな金子マリのボーカルを中心にファンキーなリズム・セクション、メロディアスなギター&プログレッシヴなキーボードを融合させたサウンドと高い演奏力!

 

www.youtube.com

 


『MARI FIRST』(1983年) 


MARI FIRST(紙ジャケット仕様)

 金子マリのファースト・ソロ・アルバム。バックにはCharピンク・クラウドのメンバーが参加。ピンク・クラウドのファンにも支持された名盤。バックス・バニー時代の曲やユーミンのカヴァー(「Dang Dang」)も収録。

 


『B-ethics』 (2006年)


B-ethics

 日本ロック史に残る名ヴォーカリスト・金子マリ。'下北のジャニス'なる異名を持つ。そのブラック・フレイヴァーに満ちたパワー、漲るヴォイスは強烈にして無比。数多くのフォロワーを輩出し続けている。伝説のロックバンド「スモーキー・メディスン」参加後数々の日本音楽史に刻み込まれる伝説を創りあげてきた彼女の復活作品。忌野清志郎、有山じゅんじ、高野寛、佐野元春、木村充輝、矢野顕子、さだまさし(!)、チャーなどなど作家陣も豪華!

 


『金子な理由』 (2008年)


金子な理由

 松田聖子の「SWEET MEMORIES」、上田正樹の「悲しい色やね」、ザ・ダイナマイツの「トンネル天国」などなどの名曲を金子マリが独自の解釈で歌うカヴァーアルバム!

 


『深夜高速 -生きててよかったの集い-』(2009年)


深夜高速-生きててよかったの集い-

 フラワーカンパニーズの名曲「深夜高速」だけを歌うコンピレーション・アルバム。斉藤和義、泉谷しげる、怒髪天、YO-KINGなど13人のアーティストが「深夜高速」を歌う。この名曲をどのように料理するのか? 各シンガーの腕の見せどころですが、圧巻は金子マリ! 個性的!圧倒的!素敵!

 


『アルバム・コンプリート・ボックス』 (2017年)


アルバム・コンプリート・ボックス

 伝説のバンド、金子マリ&バックスバニーの全作品が完全復活! 初CD化2作品を含むCD4枚組ボックスセット。金子マリの圧倒的なヴォーカルを中心に抜群のテクニックに裏打ちされたファンキー・サウンドが蘇る。

 


『Mari Kaneko Presents 5th Element Will featuring Kyoichi Kita II』 (2018年)


Mari Kaneko Presents 5th Element Will featuring Kyoichi Kita II

 金子マリ Presents 5th Element Will featuring 北京一が、新メンバーに窪田晴男を迎え 4 年ぶりに満を持してリリースする意欲作。 カバー曲を含む新曲 6 曲 + 秘蔵 LIVE 音源 3 曲、全 9 曲入り CD & 全 4 曲入り DVD & CD&DVD 2 枚組!

 


下北沢が生んだ奇跡のシンガー
金子マリ
の歌声をぜひライブでもお聴きください!

金子マリ「金子な予定」
https://www.facebook.com/kanekonamari